マクロビアン days

日々の活動や、お知らせ、食についての情報など、幅広く発信していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

疲れた時の対処法 

「疲れた!元気が出ない!調子が悪い!ストレス一杯!」と感じた時、多くの人のやることが「好きなお菓子を一杯食べる!」とか、「ご馳走一杯食べて元気になる!」とかいうこと。だが、残念ながらその結果は、目的に反して裏目に出ることが多い。

甘いお菓子の食べ過ぎは血液の質を悪くし、だるさを余計に増してしまう。ごちそうの食べ過ぎは、胃腸や肝臓、腎臓の疲れを増す。疲れを取るつもりが、もっと疲れた身体や心を作り出してしまうのだ。

この悪循環で、身体がいよいよくたびれ気持ちもますます落ち込むことになる。長引けば、症状もいろいろ出て、病気の発症にもつながり兼ねない。

この回避には、偏食と不調の悪循環から抜け出すことだ。言うなら、足し算ではなく引き算!外食を減らし、お菓子やアルコールを極力摂生し、とにもかくにも、力になるご飯をしっかりと食べることである。可能な人は、自然な食材、粗食、少食、少飲をこころがけ、時間をかけてゆっくりとていねいに良く噛んで食事をすることだ。

動物は、怪我をしたり病気になると、断食をして治す。断食で、免疫力や自然治癒力が高まることを本能的に知っているからだ。人間もまた同じ動物である。しんどい時ほど、彼らを見習い、まずは摂生、精進し、体調の自衛をこころがけなければならない。宙八




スポンサーサイト

[ 2011/04/07 12:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。