マクロビアン days

日々の活動や、お知らせ、食についての情報など、幅広く発信していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

教えられた非暴力運動のこころ 


 数日前、朝日新聞の読者の声欄に載った記事に感銘を受けた。60近い女性の話。兄妹が揃って一、二級の障害者。子ども時代はいじめでさんざん苦しんだと言う。ある時、隣のおばさんが、泣いている彼女を見て「いじめる子たちは、あなたの苦しさを全部持って行ってくれるんだからね」と慰めてくれたと言う。以来、彼女はいじめられた時、泣き乍ら相手に「ありがとう」と言い続けたと言う。そして、兄妹揃って年配となった今では、共に立派な仕事につき幸せな人生を送っている、という記事であった。

 人間としてあまりにも立派な生き方に、心から感銘を受けた。当人は言うまでもないが、子どもの彼女に、そんな素晴らしい言葉を投げかけたとなりのおばさんもまた、本当に素晴らしい。

 この記事を読んで、今、私たちが抱える原発問題について考えてみた。経済優先か?いのち優先か?の対立は、今、日本を二分している。被災者となって、事故を起こした当事者にもかかわらず、未だに原発推進、再稼働となりふり構わず経済、権益に狂奔する「原子力ムラ」の面々には、最早、怒りを通り越して哀れささえ感じるが、そんな彼らを、私たちが憎み、ののしり、怒りを持って敵対しては、きっと、願うべき未来は、そう簡単には来ないはずだ。

 今こそ、勇気ある彼女がそうしたように、対立の相手に「ありがとう」を言わなければならない。なぜなら、彼らが、経済偏重の言動をすればするほど、いのちを大事にする社会について、もっと深く、もっと明確に、多くの人がよりはっきりとビジョンを描き、行動するようになるからだ。

人間は、いつの時代も、危機を乗り越えた時に大きく成長、進化したと言われる。この未曾有の災害は、日本人ばかりでなく、世界の人々をも大きく変わらせる出来事であるはずだ。この試練の意味を理解する人間が、一人でも多く増えて行くこと以外に、この災害からの真の解決の道はない。

 苦しく辛い状況だからこその「ありがとう」は、きっと「対立」を「融和」へと導くはずだ。これこそが、非暴力運動のこころのあり方でもある。ますます元気になるに違いない原子力ムラの面々へのこころの持ち方について、今後は少しだけ方向転換できるように思えて来た。本当に有り難い記事との出会いだった。宙八




スポンサーサイト
[ 2012/07/29 10:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。