マクロビアン days

日々の活動や、お知らせ、食についての情報など、幅広く発信していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界で最も不幸な日本人 

先日、友人から聴いた話。世界50カ国で国民の幸福度を調査。日本は、なんと24位だったそうだ。一位は、幸福度が国の目標、国策のブータン。

経済的豊かさは、アメリカに次ぐ世界最高の金持ち国が、なぜ、これほど幸せ感が低いのか、こんなに恵まれた社会に住み、こんなに豊かな環境の中にあって、これほど不幸だと思っている国民は、当然、世界のどこを探しても居るはずがない。物資的豊かさと幸福度の差額を測りにかけたら、間違いなく日本人が、世界で最も不幸な人間になる。

原発推進派の人間は、事故を起したばかりなのに、まだまったくその始末もせず、総括もせず、早やくも、原発を再稼動しよう、もっと増やそうと動き始めた。ひたすら経済と言う名の物欲を満たすために。

彼らの頭は、一体どうなっているのだろう?神経は一体どうなっているのだろう?この悲惨な状況を考えたら、まともな人間とは決して思えない。そんな常軌を逸した人たちの言動が、ここ数日、あちらこちらから聞こえ始めている。怖ろしいことだ。これ以上の地獄、巻き添えを食うのはまっぴら御免だ。

戦後、ひたすら経済優先、物質社会を求めて来た日本人。モノ、モノ、モノ。カネ、カネ、カネを追いかけ、金さえあれば幸福な人生が手に入ると少しも疑いもせず、ひたすらモノと金を追いかけて来た。その極まりが今回の原発事故であることを誰よりも、彼らが一番知っているはずなのに・・・。

健康オタクはこう言う。「僕は、健康のためならいのちも惜しまない!」きっと、原発ホリックもこう言うだろう。「俺は、モノや金のためならいのちも要らない!」彼らは、モノや金と言う悪魔に、人生も、いのちのすべても預けてしまったのだ。抜け殻の人間に何を言っても通じるはずもない。

幸福度が24位でさえ出来過ぎだった。モノや金から自分のココロを取り戻さなければ、今のままの日本人では、間もなく、本当に、世界で一番不幸な国民に、間違いなくきっとなる。宙八


スポンサーサイト
[ 2011/08/21 00:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。