マクロビアン days

日々の活動や、お知らせ、食についての情報など、幅広く発信していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

当事者の変わらなさにただただ唖然! 

昨日、東京電力の総会があった。今日は、さらに多くの電力会社の総会も開かれた。

 その様子をテレビで見ていて、あまりにも当事者が、事態の深刻さを少しも感じてなく、微塵も反省していないことに、ただただ唖然とさせられた。こんな人間のせいで被災している自分が情けなくさえ思えてしまった。

 株主も、ごく一部の人を除いて、利益を得ることしか頭にない拝金主義の亡者ばかり。この人たちは、人間としての持つべき理性や感性をまったく失っている。その醜い言葉のやりとりに、多少でも期待していた自分がこれまた情けなかった。

 停止中の原発を再稼動して欲しいと願いに行った海江田大臣の政治家の立場ばかりを考えた麩抜けた言動にも呆れた。それに応える町長のこれまた交付金にすがりつくあさましい態度も見ていられなかった。この国の政治家たちに、リーダーたちに、人間としての尊厳、プライドと言うものはまったくないのだろうか?

 「国が安全を保証します」「それなら安心です」という両者の会話。一体、誰がどんな根拠でまたまた原発は絶対に安全だなどと言い、責任を持てると言うのだろうか?すでに、福島でそんなことがまったく不可能であったことが白日のモトにさらけ出されたというのに・・・。こんな人たちの茶番にまた騙されたとしたら、我々国民も、もう立派に救いようのない馬鹿者である。この次は、いよいよ我々国民自身が問われる番だ。

 この事故で真っ先に生れ変わらなければならなかったのは、政治家、企業家、学者、そして報道人であった。その彼らが原因でこの悲劇がこれだけ拡大したのに。彼らの変わりようが必要で起きた事故でもあったはずなのに、これだけの悲惨な状況が目の前にあるにもかかわらず、まったく変わろうとしない、変われないのもまた彼らだったと言うのは、じつに哀しい。

 これまでも、そして、これからも、一つだけはっきりしているのは、いのちのことを第一に考えない人間は、どんな立場の人間であれ、人間失格であると言うことだ。

 この災害は、日本人のいのちに対する考え方を転換させるために起きた災害だ。子どものいのち、若者のいのち、自分のいのち、日本人のいのちを何よりも優先して考えることができるかどうかが問われている。何よりも大切なこの気持ちだけは失わない人間でいようよとすべての日本人に声を大にして叫びたい。宙八

スポンサーサイト
[ 2011/06/29 23:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。