マクロビアン days

日々の活動や、お知らせ、食についての情報など、幅広く発信していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【足知者富】 

【足知者富】

こんにちは、きおまです。
梅雨本番ですね〜、さてさて老荘講座での素敵言葉です。

上の言葉はこれからもっと日本で必要な言葉だと思います。
【足るを知る者は富む】

老荘では「欲」を否定していません、「欲」はアクセルとしても重要なものです、「意欲」といったように。
でもあまりにも今の世の中は「欲」を煽りすぎる仕組みがありふれている気がします。
企業の広告なんかも、別に現状で満足してあまり顔を出さない「欲」をうまーく突いて、物欲や権威欲、金銭欲、名誉欲なんかがアクセル全開で出てきます。そうすると過度な欲に振り回されてしまう、そういった時に「足知者富」がブレーキの役割で自分をコントロールしてくれる。その結果、意欲がよりわき上がりやる事も心もより良い方向に向かうと思います。

何でも「○○過ぎる」という過度な事は良くないですね、でも今はそういった仕掛けが多すぎると思います。

食べ過ぎるというのも、食欲を抑えきれず多くの物を食べ過ぎた結果、生活習慣病や肥満などになり、結局病気や体調不良などになって損をしてしまう事も多いと思います。

そんな「欲」というアクセルを制御するためのブレーキとしての「足知者富」はぜひ心の留めておくのに良い言葉だと感じます。

今の経済成長を目指す日本でもより「欲」を刺激する施策などが増えるのでしょう。
でも、お金の豊かさと幸せがある水準から比例しないのは多くの実験で立証されています、何よりそう実感している人も多いのではないでしょうか。

最近発表されたOECDの世界36ヶ国(先進国ですね)の幸福度指標調査でも発表されています。
安全が1位、教育が2位、収入が6位、と上位なのに対して、生活の満足度が27位、仕事と生活の調和が34位、で総合は21位(36ヶ国中)でした。

でも国は「経済成長」を優先させ、10年で所得を150万上げるといい、支持率も高い。「経済成長=国民の幸せ」というモデルはもう旧いものだと思うのですが…。

一方で地球問題は…

「もし世界の人がアメリカ人並みの生活をするには地球が5.6個必要」と言われています(全員が日本人でも2.5個必要です)
そんな中、中国が2030年にはアメリカをGDPで抜くという予測もあります、今、一人当たりのGDPが日本やアメリカの1/8ぐらいの中国人全員が同じ水準までなってくる…。とても地球が耐えきれるとは思えませんし、食糧問題、水問題、環境汚染、温暖化、などさまざまな問題が出てくるのでしょうね。

そういったある程度予測できる未来が分かっているのであれば、それに対して僕たち日本人は「足知者富」ということを実践して、文化や自然を守り、幸福度の高い状態を作っていきたいですね。

日々の小さな事から、社会活動を通じてそういった事を実現できるように模索していきたいと思います。

スポンサーサイト
[ 2013/06/26 13:15 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

マクロビアンの「今」 

こんにちは、きおまです。

東京は桜も満開になり早くも散り始めそうです。

春というのは新たなスタートを感じられるよい季節ですね。

さて先日福島県いわき市にある我が家、マクロビアンに一時帰宅をしました。所用がありまして。

今年は雪もほとんどなく、行くまでは問題無かったです。

線量についてはあまり変わらず…

小川町では0.1マイクロシーベルトなのが、山を上がるにつれ線量も上がり、

マクロビアンの最寄りにある国?が設置した線量計は0.626マイクロシーベルトの数値を出していました。
1

年間にすると約5.5ミリシーベルトです。

国が目標としている1ミリシーベルト以下にはまだまだ遠い数値です。

もう周りに住んでいる人も少ない中で、非常に淋しい地区になってしまいました。

そんな中、近所で除染活動をやっていました。

木を切り、土地の上の土を取り、袋に詰めている作業です。
IMG_0682.jpg


…この山、森、自然だらけの、いや自然しかない中であれにはどれだけの意味があるのか。

雨が降って、枯れ葉が動き、土が動けばすぐに線量は戻ります、見渡す限りの自然の中で1軒とその周辺をやることでどれだけの線量が下がるのか…

昔の刑罰で、重い岩を坂の上まだ転がさせて、それをまた下に落として繰り返させるという精神的にも肉体的にもツラい刑があると聞いたような気がしますが、感覚的にはそんなものでは…。

全くの無意味とは言いませんが、劇的に変化するわけでもないあの除染は、国が「除染はやった」という努力しましたよ、というようなための作業に思えてなりません。

そして事故から2年経ったマクロビアンも、家も土地も痛んでいます。

そもそも大自然の中に住まわせてもらっている、ぐらいの山の中。

人がそこで生活をしながら手入れをして行かないとあっという間に自然に戻ろうとするのは、当たり前の事です。

そんな中で、雑草も増え、家が傷んで行く姿を見るのは僕自身もツラいものがあります。

一見すると何も変わらない見た目の中に、線量計の数値のみが以前(事故前)と違っている。

これは何ともいえないものです。

…と暗くなってしまいましたが、現状のマクロビアンについてのご報告です。

まあそんな事もある中で、また新しい拠点についても何とか早く見つけて落ち着かねばというところです。

また近況についてもお知らせします〜。

IMG_0679.jpg
[ 2013/03/27 13:48 ] 日常 | TB(0) | CM(1)

とうとう始まった内部被曝の発覚 

福島県内から出荷された650頭あまりの肉牛から高濃度のセシウムが検出された。食肉として加工されて全国に運ばれ、すでに多くの消費者が食べている。とうとう内部被曝が始まったか、と言う切ない思いである。

この責任は、経済的損失、損害賠償、風評被害ばかりを気にして、未だに汚染地帯の食物は安全だと言い続けている政府や自治体にある。政府は、福島県内ばかりか、東北関東一円の放射線量を十分に知っていながら、ただちに健康に害はない。問題はない線量値だと言い続けている。その安全な地域で採れた牧草がこれだけ危険なものであったことがとうとう発覚してしまった。

そして、この期に及んで、汚染肉を食べても「ただちに健康に害がない!」とは、何と言う恐ろしい詭弁だろう。ものを売って、今すぐにお金は払わなくていいよ、でも後ではしっかりもらうからね。と言っているだけに過ぎない。危ない数値を示す暫定基準値って一体何なのか?と誰もがそう思うに違いない。

牧草にこれだけ大量の放射線が降り注いだということは、政府が安全と言っている野菜にも当然、牧草と同じ量の放射性物質がたっぷりと降り注いでいると言う事だ。そのことを、私たちは、改めてはっきりと認識しておかなければならない。汚染地帯の作物に風評被害などはないのだ。すべてが食べては行けない実害作物だ。

今回の件でも良く分かったように、内部被曝に関しては、どこにも安全な地域はない。全国何処もが被爆地となる。当然、肉ばかりでなく、魚も、乳製品も、野菜も、加工食品も、すべての食品が危なくなる。どうこれから自分の身を、家族の身を、子どものいのちを守って行けば良いのか?いよいよそれぞれの判断と防護力が問われる時が来た。宙八



[ 2011/07/20 23:31 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

春の雪 

2月の終わりはすっかりと春の陽気。
ランチを外の芝生の上で食べたり、
窓を開け放って、気持ちのいい風と太陽の香りをいっぱい楽しんでいました。
温度もさほど下がることもなく、夜もほっとしていたんですが、、、

朝起きて、一面の銀世界にびっくり!!

雪がどっさりと降りました。
そして、どっさりと積もりました~。
この、雪重そうでしょ??
DSC_0003.jpg
春の雪は水分を多く含んでいて、もったり、べったりしてます。
でも、融けるのもうんと早いです。
朝一でえっさほいさと雪かきしたのが昨日ですが、もうこんなに。
DSC_0001.jpg
あっ、そんなに言うほど融けてないですかね?(笑)
でも、冬の雪はずーっとずーっとあって、春の雪の足取りの軽さに驚いてしまって!
太陽の力、ありがたい!


[ 2011/03/02 13:50 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

お便り 

先日、以前セミナーに参加された方からこんなお手紙いただきました。

昨年の半断食セミナーと夏のオープンデイ、そして秋の薪割りで大変お世話になりました。

<中略>

実家では父の循環器疾患が分かり(僧坊弁逸脱症)、もう農業を辞める方向だったのですが、
その後、血液データが改善し、医師からもすすめられ、またみんなで楽しく農作業をすることができました。
負担を減らすため、収穫量をだいぶ少なくしたので、ますます細々としていますが。

それが良かったのか、朝の梅醤番茶のおかげか、母のうつも数年ぶりに改善して、以前のような活気ある状態になりました。心療内科の薬も様子をみて服用していないそうです。
いつまで続くか分かりませんが、今はそんな母をみんなで見守って、楽しくやれたらと思っています。
そして、マクロビアンに一緒に行ってみたいな、セミナー参加できればいいな~なんて願望をいだいております。


楽しく作業をすること、そういう日々の時間こそが、かけがえのないものですね。
本当、こうしたお手紙から勇気をいただいてます。ありがとうございました。

みんなで待ってますよー、今年も新企画のイベントも用意してますので、ぜひいらしてくださいね!!



[ 2011/01/25 10:51 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。