マクロビアン days

日々の活動や、お知らせ、食についての情報など、幅広く発信していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

捨てる。ということ。 

こんにちは、きおまです〜。

今日は「捨てる」ということについてちょっと考えてみます。
パッと見ると、「捨てる」というとちょっとネガティブなイメージがあると思いますが、これからは益々「捨てる」ということが重要で意味を持つ時代だと感じます。

捨てる、離れる、手放す、など。断捨離という言葉も流行っていましたし、引き算健康法などもあります。

半断食も、食を断つ、食の執着を手放すといった「捨てる」という事なのですが、僕は粗食だけで生きていくというのは出来ていないですし、お坊さんのように修行して執着、煩悩、欲を全て消すというほどの覚悟もないです。

そんな俗にまみれている僕なりに半断食を考えると、

「より楽しく食べるための半断食、断食」という感じです。

「欲望というものは海水を飲むようなものだ」、とダライラマが言っていましたが、食の欲望も近いものじゃないでしょうか。
美味しいものを食べた時の感動はありますが、すぐに感動を忘れ、もっと美味しいものを、と。その際限のない食欲に振り回されると、人によっては健康を害し、もう食べられない、楽しくもなくなる、という事にもなるでしょう。

半断食をすると、味覚も敏感になりますし、普段だと何の感動もないご飯一口、野菜ひとかけらに対する感動がもの凄いです。
さらに身体もリセットされますし、不要なものは美味しくなく感じます。

その事で、また食べることは楽しくなりますし、より長く食べられる、お酒も楽しく飲めるというコトです。

半断食以外でも、情報を捨てる、不要なモノを捨てる、などが上手くできれば、情報やモノに振り回される状態から、情報やモノを上手くコントロールができるようになる気がします。

私欲を捨てると使命が見えてくる。ように、

欲に振り回されずに、さまざまな欲を上手くコントロールして、より楽しい人生を過ごすためには、捨てる、離す、手放す、などを意識するのは良いのではないかと思います。

その「捨てる」という行為自体が快感になるタイミングもあるのでしょうし 笑
捨てて削って行くとより本質的なモノって見えてきますしね。

この大きな時代の転換期においては、今までのなんとなく「増やす方が良い」という考えよりも「減らす、捨てることでの満足」をそれぞれ見つけられると良いなと思います。

正直、情報量も、モノの量も、食べ過ぎも、栄養をもっと摂れというのも、もう多すぎるよ!と思っている人も多いのではないでしょうか。

スポンサーサイト
[ 2013/09/06 14:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

対談:いのちを育む文化へ〜福島とハワイからのメッセージ 

いのちを育む文化へ

ーーーーーーーーーー
ハワイ在住のアーティスト・小田さんは様々な活動もされています。
キーワードはいつも「女性・いのち・環境」だと私は理解しています。
いわきのマクロビアンでもワークショップをしていただいて以来のおつきあいです。
そんな女同士の対談を、また、長い友人でもある中野民夫さん(ワークショップ企画プロデューサー)がリードしてくれます。私の中でも、特別楽しみな組み合わせ! 

新刊の絵本も、絵も詩も力強く深いものです。
このメッセージを皆で受け止め、考えられる集まりにしたいと思います。
気ままにいらして下さい。                      (ちあき)




[ 2012/10/28 12:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

「原発より怖い電磁波」講演のお知らせ 

「原発より怖い電磁波」講演会のお知らせ

10月 講 演 会の お 知 ら せ (NPO2050) 私たちの身の回りにはおびただしい電磁波が飛び交っています ― 家電、パソコン、携帯電話、住宅の周辺に網羅する電線や電波塔の数々。これらの電磁波が私たちの生命や健康にどの様な影響を与えるのか、まだ誰にも確かなことは分かりません。でも、私たちは毎日の生活を通じて、電磁波の影響を感じています。将来的には間違いなく深刻な社会問題となるだろうと感じますし、専門家もそう警告しています。 そこで、原発、電磁波、放射能などの研究に従事し、第一人者と認められている荻野晃也氏にお願いして、電磁波の成りたちから増大する発生源の性質と生物への影響についてお話を伺い、自衛の途を探ろうと考えています。是非、ご家族・友人をお誘いの上この集いにご参加ください。 テーマ: 『原発より危ない電磁波社会の到来!』 こうし: 荻野晃也氏 電磁波環境研究所所長 原子核物理学、原子核工学、放射線計測学、電磁波工学などを専門とする一方、原子力・核問題・人権・環境問題・電磁波問題にも物理学者として関る。これまで伊方原発訴訟の住民側特別補佐人、「地震活断層原因説」による原発耐震問題の危険性の証言、福島原発事故に関する講演など、常に住民・市民側に立つ科学者でありつづけている。著書には「ガンと電磁波」、「ケイタイ天国・電磁波地獄」など多数がある。
と き: 平成24年10月8日 (月曜日) 午後13時~ 15時
ところ: 東京都港区立エコプラザ 3階 会議室A    東京都港区浜松町1-13-1 電話03-5404-7764   (JR浜松町北口下車4分、 都営大江戸線大門駅B1出口下車3分)
かいひ: 会員 500円   非会員 1000円

[ 2012/10/03 20:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

 


こんにちは。
セミナー以外にも、時々私達はお話の会などに出かけています。
内容は会によって違いますが、その場での参加者の皆さんとの交流を楽しみにしています。


●9月23日(日) 神戸に行きます。

宙八の講演会と交流会『マクロビオティックで観るフクシマ」
マクロビオティックの世界観で、放射能・それを生み出す社会とは何なのか・判断力をあげるには、など。

時間:14:00〜 17:00
場所:神戸市東灘区御影 びわとも亭  2000円
申し込み:パラダイムシフトを考える会 (090−5050−3991)


9月26日(水) 岡山に行きます。

シリーズの2回目です。教育や女性の力についてちあきが話します。
時間:14:00〜16:30 
場所:総社市岡谷151−1 山手公民館  1500円
申し込み:清音クリニック (0866−94−4111)申し込み託児あり


10月7日(日)京都府綾部市に行きます。

6日〜8日の祭りで、7日昼頃からだとおもいます。ちあきが1時間くらい話します。
http://www.iyabi.jp/
祭りの入場チケットが必要です
問い合わせ:090-9277−3613


●10月14日(日) 東京に行きます。

若い女性が企画してくれました。
「いつか子どもを産み全ての女性へ〜いま、知っておいてほしい大切なこと」

時間:14:00〜16:00 話
   16:30〜18:00 食事交流会
場所:クシガーデン http://www.kushi-garden.com/
詳細は問い合わせて下さい。



[ 2012/09/16 18:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

八ヶ岳高原セミナー終了 + お知らせ 

日本列島、残暑の中、小淵沢の風はとてもさわやかで、お天気にも恵まれました。
自然と近い環境、夏から秋へと移る草花や虫達の変化とも近い中、
皆さんも、人生の変化へと舵をきりました。
すべてに感謝します。

ーーーーー(ちあき雑感)ーーー
30数年続けているセミナーだが、一回一回違う会になる。
「人々のいのちと向きあう」ので、1人1人が違ういのちを持っていることを思うと当然だが。

いや、正確には「私達は、ご自分のいのちと向き合う人々の伴走をさせて頂く」。

長年の病気を克服したい人、心の悩みを抱えた人、人生の岐路にある人、・・・
それぞれの問題がある。あって当たり前なのが生きてる証拠で、人生ってもの!

問題が緩むとき、それなりに、苦しい、しんどい事がある。
反応と呼ばれるものだ。これは身体上にも、こころ上にも現れてくる。
本人がびっくりしても、私達は驚かない。
日々刻々、瞬間瞬間が変化の連続ということを、理屈抜きに体感する。

これが、素晴しいチャンス!とエールを送り見守る。
私達が1週間かけてすることは、一つ一つ問題が溶けていくよう、判断と手助けをし、見守り、受け止めていくこと。
更にめざすのは、
「参加してくれたひとりひとりが、体験を通して、その力を付けていく道を歩くようになってくれること」。。

全ての人に、たった一つの大切なドラマがある。
その中でも、いのちのレベルでのドラマ。これは人生に本質に触れる。。
そんな体験を提供する。
それが1週間のマクロビアンの半断食セミナー。

これに向き合えるチャンスを持てる人は、そうは多くはないだろうと思う。
でも、過去40年近く、何千人もの人が出会ってくれた。

これからも、出会って頂きたいと思う。
ご縁が繋がる人が居る限り、まあ私達の心身が可能な限り〜でね。

ーーーーーーーーー

*今回の参加者の皆さんの今後の人生に幸あれ!
*会場を貸して下さったKIJさんに感謝!

ーーーーーーーーー
<特別お知らせ>
通常セミナーは今年は終了です。
でも、10月初旬に、病院との提携で特別セミナーを行います。
身体の変化の検査が行えます。
現在、病気で食事療法に取り組んでいる方や、取り組もうと思っている方にとっては、とても良い機会です。
お問い合わせ下さい.mail@macrobian.net



                     (ちあき)

[ 2012/08/27 16:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。